MISAKI OTOMO

不動産売買仲介営業大友 岬

うららに入社するまで

前職は精密機器を扱う電機メーカーの工場で働いていました。そこでは、一日中防護服を着用しクリーン室で独り作業。たまにする上司との会話も電話のみ。
閉ざされた空間で精神的にも不安定になりつつも働き、約3年後転職を決意しました。
その頃は、人と目を合わせて会話することも怖くなってしまっており、そのままではダメになると思い、次の仕事はあえて人と接する営業職を探しました。
その時出会ったのがうららです。
本多社長の「社員とその家族を守る」という言葉に惹かれました。きれいごとにも聞こえかねない言葉ですが、本多社長は自分のことも会社の弱みも包み隠さず話してくれました。今までいたような大手企業とは違い、まだ発展途上の会社であること。だから社内環境も未整備な部分が多いこと。正直な人だなぁと思いました。そんなことを馬鹿正直に話してくれる人はいない。そんな社長のもとで働きたいと思い、入社を決意しました。

うららに入社してからこんなことがあった

一番は知識を増やすこと、経験を増やすことがきつく、大変でした。
当時は、社内環境も今のように整備されていたわけではありませんでした。
まったく関係の無い異業種からの転職だったので、分からないことが分からないという状態で、実際の実務に加え、勉強をする時間も取らないといけなかった為、睡眠時間を削って勉強。この仕事は【衣・食・住】の【住】をお客様に提供する大事な仕事です。大きな金額を扱うため、間違いがあるとお客様にも会社のみんなにも迷惑をかけてしまう為、必死で勉強しました。今では環境も整備されてきて、助けてくれる先輩も、頼れる先輩も多くいます。何かわからないことがあったら分からないままにせず、先輩にまずは聞くこと!どんどん先輩を頼っていきましょう!

楽しかったこと・感動したこと・泣いたこと

いまでも忘れない、初契約のお客様から頂いた言葉です。
自分がお客様の立場だったら、人生で一度あるかないかのお家購入。何も知らない新人から何千万円もするお家を購入することは怖くてできないと思います。
当時の私は、お客様が少しでも不安に思ったことがあればすぐに上司に確認!周辺環境で分からないことがあれば、近くに住んでいる方にピンポン突撃!何が正しいのかなんて分かりませんでした。お客様の為にを思ってただ必死に行動しただけ。
そんな中、何で自分からお家を買ってくれたのか、そのお客様に聞いたところ「大友さんが一生懸命、私たちのために動いてくれていることが分かったから」と言って頂きました。
正直、嬉しすぎて泣いてしまいました。今まで誰かの為にこんなに動き、考えたことはありませんでした。自分がお客様の為を思って行動したことは、ちゃんと伝わるんだと初めて実感し、これから先も忘れることは無いと思う出来事でした。

これから就職する方へのメッセージ

弊社で働いているほとんどの方が異業種からの転職経験者です。料理人にプロゴルファー、ミュージシャン。色んな人がいます。
スタートは皆さんと同じです。一からのスタートは正直きつく、つらいこともあるかと思いますが、それを乗り越えた先輩達がたくさんいます!
最初は分からないこともできないことも当たり前です。どんどん先輩達を頼ってできることを少しずつ増やしていきましょう!
できることが増えてくると、仕事もどんどん楽しくなってきます。そしてお客様に喜んでいただけることも多くなります。
【みんなを笑顔にする】この理念に共感して頂ける方と一緒に仕事ができることを楽しみにしております!

求人採用の募集要項・エントリーはこちら

求人採用/エントリー